大人の英語多読入門
やさしい絵本から始めてペーパーバックまで。あなたの50代からの人生を変える洋書読書の進め方。「大人の英語多読入門」でご紹介したサイトにワンクリックで飛び、英語世界へ飛び出せます。もちろんお薦め本の表紙もカラーでご覧になれます。

■ プロフィール

佐藤 まりあ

Author:佐藤 まりあ
SSS英語多読研究会創設メンバー
日本多読学会会員
「ミステリではじめる英語100万語」
「大人の英語多読入門」
「読みながら英語力がつくやさしい洋書ガイド」 著者
趣味は食べることと海外旅行

更新情報をつぶやきます。無駄話も
するけど..

■ カテゴリ

はじめに (6)
入門レベル (32)
Oxford Reading Tree (12)
Literacy Land Story Street (7)
その他の国語副教材シリーズ (2)
学習用レベル別絵本 (9)
基本レベル (26)
大人向けGraded Readers (4)
学習用レベル別絵本 2 (9)
物語シリーズ絵本 (4)
低学年向け児童書 (4)
ノンフィクションシリーズ (5)
日常会話レベル (20)
中・高学年向け児童書 (13)
ノンフィクションシリーズ 2 (3)
エッセーや短編集・ハウツー (4)
ジュニアレベル (4)
読書レベル (0)
文芸レベル (0)
URLへジャンプ (13)
第1部 (8)
第2部 (5)
問題集や参考書 (4)
知っておくと便利なこと (5)
メルマガ掲載本 (127)
YL0~1の本 (9)
YL1~3までの本 (14)
YL3~5までの本 (18)
YL5~6の本 (10)
様々なレベル (7)
大人向けのやさしめの本 (17)
学習書・問題集 (3)
未分類 (5)

■ 最近の記事

■ 月別アーカイブ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
基本200語に含まれる単語は?
 さて、定番Graded Readers 4シリーズの
基本レベルでのお薦め本をご紹介し終わり
ましたが、

基本単語250語とか、基本単語800語って
どんな単語が含まれているの?

その250語を覚えてしまえばそのレベルの 
Graded Readers をすらすら気持ちよく読める
のではないか?

ということを、誰しも考えますよね。
ところがこれが「世紀の機密」なんですねぇ..

SSS英語多読研究会としてもなんとかこれを
聞き出そうとしたことがありますし、酒井先生
がOxford大学で講座を持たれていたとき、
出版局も訪問され、総語数表示やその他
いろいろ要望を出され、そのいくつかは実現
したのですが、基本単語の範囲はどうしても
秘密、ということだったそうです。

かくなる上は、酒井先生がGRを執筆なさっ
たら、「単語はこれだけを使うように」という
マニュアルが渡されるだろう、ぜひ執筆者に
なって下さいよぅ、と冗談をいったりしました。

英語を読むためには、have, get, make, take
といった多義語の守備範囲を知ること、こう
いう単語と in, on at といった前置詞と結び
ついたときの意味などを体得する必要があり、
基本単語200語、300語...の訳を暗記して
読めるようになるものではありませんから、
「基本単語って何と何?」ということに関して
Graded Readersを分析してまで知ろうという
気持ちはありませんけれど、どこの出版社も
何が基本単語か明示せずに、レベル分けの
基準として、300語とか500語と表示している
のはちょっと奇妙だな?と思いますね。



秘密があると、のぞきたくなる!のぽち












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

■ 来客者数

■ カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■ 最近のコメント

■ 最近のトラックバック

■ リンク

このブログをリンクに追加する

■ ブログ内検索

■ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ RSSフィード

■ QRコード

QRコード

ポイント ちょびリッチ

copyright 2005-2007 大人の英語多読入門 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。